心臓の仕組みを理解する

心臓の仕組みについて、まず心臓は筋肉の固まりだということを理解しておきましょう。そして心臓は心筋と呼ばれる筋肉であり、この筋肉が規則的に収縮することにより全身に血液が送られるようになっています。心臓は休むことなく動き続け、全身に血液を送るわけですが、そのためからだの中で一番エネルギーを必要とします。大量のエネルギーを必要とする心臓には当然ながら、栄養分が多く必要になってきます。そのエネルギーには酸素、ブドウ糖、脂肪などの栄養素が必要になってきます。

心臓病などの原因とは何か?

心臓病には心臓に酸素や栄養を届ける血管が狭くなってしまう狭心症や、血管に詰まることでエネルギー不足となり、前身に血を送ることができなくなる心筋梗塞などがあります。血管にコレステロールが付着することで、血管の弾力がなくなってしまい、結果的に血液を流れる道が狭くなってしまうことを動脈硬化といいます。そしてこういったことから、血の流れが著しくなり、血の塊ができやすくなって血管を塞いでしまう原因になってしまいます。

心臓病の予防に必要なこと

心臓病に対しての予防方法にはコレステロールを低くしなければいけません。そして動物性脂肪を控えることを心がけ、なるべく植物性脂肪を摂取することです。コレステロールには酸化して動脈硬化を起こしてしまう原因にもなるのでとても大切なこととなります。太りすぎることは心筋梗塞にも引き起こしやすいので、改善が必要ですが、一日一食でダイエットをすると逆効果になります。なるべく運動をすることを心がけ肥満解消をして心臓に負担をかけないようにしておきましょう。

冠動脈バイパス手術とは、冠動脈が狭くなったり閉塞したりして血流の流れが正常ではなくなったときに、別の血管をつなぎ血液がそこを通るようにする手術のことです。